オーダーメード印鑑の防犯上のメリット

印鑑には、大量に生産された既製品とオーダーメード品があり、機能上の大きな違いがあります。そもそも印鑑は、本人を証明するものであるため、本来は一つ一つ違うデザインにする必要がありますが、既製品の場合は、同じデザインのものが大量に存在するという問題があります。例えば銀行印は、銀行の口座を開設するときや、窓口で預金を引き出すときなどに必要なものですが、通帳と銀行印さえあれば本人でなくてもお金が引き出せるため、同じデザインのものが大量に存在する既製品では、防犯上問題が出てくる場合があります。その点、オーダーメード品の場合は、文字を一つ一つ手彫りで彫るため、同じものが二つと存在しないものを作ることができます。値段は既製品より高くなりますが、防犯上のメリットを考慮する場合は、オーダーメード品のほうが安全だと言えるでしょう。

印鑑のオーダーで一生ものの印鑑を手に入れませんか

実印は安全性を考えて選ばなくてはなりませんよね。実印が欲しいと考えている方は、印鑑の「オーダー」をしてみるのはいかがでしょうか。手彫りであるため、既製品のものとは違った安全性の高いものを手に入れることが出来ます。既製品では、なかなか苗字が見つからないという方にも安心ですね。また、実印をオーダーする際の素材は、象牙をお勧めします。大切な書類に捺印する際、緊張してうまく捺印することが出来なかったという経験はないでしょうか。象牙は朱肉のなじみが良いというのが特徴です。そのため、綺麗に捺印することが出来ます。また、耐久性に優れているため、一生使うことができるのが魅力的です。印鑑の購入を考えているという方は、是非この機会にオーダーを検討してみてはいかがでしょうか。自分だけの一生ものの印鑑を手に入れることが出来ますよ。

大事な印鑑はオーダーして作ります

大事な印鑑は、オーダーで作ってもらうほうがより完成度の高い物が出来上がります。市販のものもあるのですが、どこでも手に入るものは、大事な書類に押すには不向きです。一生使っていくような大事なハンコは、やはり特注で作ってもらうのが一番です。この特注というのがポイントです。ハンコの材質も選べて、字体も選ぶことができます。大きさもそこで選んでいくことができます。値段的には特注になると、すごく高くなってしまいます。でも一生ものであれば、それくらいの金額は仕方ないところです。こういう特別なハンコは実印などに使われることが多いです。三文判のようなものは、日々の中で使っていきます。使い分けるためにもここはちょっといいものを作っておくと、大事に使うことができます。日々使うものでも、少し多めの金額をだすと、世界に一つしかないハンコになります。